So-net無料ブログ作成

糖質制限ダイエット気を付けないと【危険】 [ダイエットのコツなど]

毎日激しいトレーニングをしなくても簡単に結果が出る「見る見るうちに体重が減っていく」長年の女性たちの悩みを解決した究極の方法の様な気もする反面。 体力が落ちて「体を崩してしまった」って話も聞ききます。

本当の所糖質制限ダイエットは良い方法なのだろうか、もしかしたら危険な行為なのでしょうか?

炭水化物など糖質制限効果は事実
人の細胞の中のミトコンドリアと言う物が脂肪や糖質を使ってエネルギー(カロリー)に変換して、それで人は活動で来てます。

だから、入ってくる糖質を少なくすれば、肥満の元となってる脂肪の切り崩しに入るので自然と痩せていきます。

でも糖質って体に取って「害」ではありません。
大切なエネルギーの元なので必要以上に制限し過ぎると、体の筋力に影響し、体調を崩してしまいます。(軽い栄養失調です)

筋肉は手足だけではなく、内臓など動いてるもの全てに動く箇所に有るので、筋力低下は絶対避けなければなりません。 糖質を減らしたら代わりに「タンパク質」などをしっかり取って必要な筋力エネルギーの確保は大切なんです。


糖質制限ダイエットで大切な事は?
①パスタや白米など炭水化物を減らす量は、今までちゃべてた半部までとします。
糖質の摂取量が急に減り脂肪切り崩しが激しいと自分の体は「緊急事態」と判断します!!

緊急事態と判断すると肝臓に「ケトン体」と言う非常用の燃料を作りを指示します。 このケトン体が血液中に多く流れだすとると、色々な支障をきたしてしまいます。

②糖質を制限したらその分タンパク質をしっかり取って筋力を維持しましょう。
「肉類」「魚類」そして「大豆製品」にタンパク質が含まれています。肉や魚を沢山食べすぎるとそれはそれで問題が起きるので、味噌、お豆腐、納豆、枝豆など大豆製品を意識して食べると良いです。

③食物繊維の摂取を意識しましょう。
食物繊維は腸を刺激して活発に働くように促しています。食物い繊維の不足は便秘や肌荒れの元となります。

炭水化物には食物繊維が沢山含まれているので、「緑黄色野菜」や「きのこ類」や「海藻類」をしっかり取って食物繊維不足を解消しましょう。

④炭水化物のカットは平均的に!!
朝昼晩全ての食事で、平均的に減らしましょう。朝食をおかずだけで、夕食はいつも通りとかより、平均的に減らした方が体を壊さないし、ダイエットも順調に進みます。

女の子専用ダイエットサポートドリンク 【スーパー酵素プラス】

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。